介護老人保健施設、介護療養型老人保健施設

介護老人保健施設、介護療養型老人保健施設は、3ヶ月で自宅に帰ることを目指す施設です。

介護老人保健施設は、一般的には「老人保健施設(老健)」と呼ばれていて、
リハビリテーションが、提供される介護サービスにメニューとして加わっています。
そして、医師が常駐していて、医学的な管理が必要な場合は医療も受けることができます。

病状が頻繁に変化する場合は、介護老人保健施設での生活は難しいので、
そのような高齢者は、病院へ入院するか、療養型の施設に入ることを勧められます。

介護老人保健施設では、病状が急に悪化した場合に限って、医師の診療が受けられます。
介護保険からは、一ヶ月に1回、3日間を限度として診療が認められています。
この場合は、「緊急時施設診療費」を支払い、それ以外の診療については、
医療保険での扱いになります。
つまり、常時医師の診察が必要な状態の高齢者は、
介護老人保健施設での暮らしは成り立ちません。

介護老人保健施設は、病状が安定期に入り、
在宅に戻るためのリハビリテーションを受ける施設で、
目標としては3ヶ月で自宅に帰ることを目指します。

介護老人保健施設で暮らしている間は、日常生活に関する介護も十分に受けることができますが、
この施設が終の住処となるわけではありません。
退院後、すぐ自宅に戻ることができない場合、
介護老人保健施設を利用し、リハビリテーションを行い、
その間に住宅介護の体制を整えるところが介護老人保健施設です。

介護老人保健施設には、理学療法士や作業療法士などの専門家が配置されていて、
住宅介護に関するアドバイスを受けたり、住宅改修などのアドバイスをうけることができます。

介護老人保健施設の費用は、要介護別に決まっていて、
住居費と食費は全額が自己負担となっています。

何度もいいますが、介護老人保健施設は高齢者の自立の可能性を追求することが目的です。

在宅復帰率が入所者の50%以上、ベッド回転率が10%以上の場合というように、
住宅復帰を積極的に推進する介護老人保健施設に対して、新たに介護報酬も設定され、
「なるべく、可能な限り住宅に復帰させる」という、介護老人保健施設本来の機能を重視する方向性も示されています。

このページの先頭へ

トラブルに注意