サービス内容を組み合わせられる複合型サービス

 地域密着型サービスには、定期巡回・随時対応サービスの他にも複合型サービスがあります。これは2012年4月に新しく作られたサービスです。このサービスにより、訪問看護と通院を組み合わせてサービスを利用する事ができ、1つの事業所だけでサービスの提供を行うことがしやすくなりました。
 訪問介護と小規模多機能型居宅介護を一体型として提供をしている複合型の事業所には、複合型サービスの介護報酬が高く設定されていることが特徴になります。この複合型サービスは、医療との連携体制を整えているワンストップサービス提携型という事業所を今後どんどん増やしていこうという思想を反映しています。
 これまでは小規模多機能型居宅介護のサービスというのは、高齢者が認知症を患っているなど、介護度が重度である人が近年増加して来ている背景を受け、それに対応するために在宅での介護と事業所での介護という「通所」や「宿泊」というようにニーズに合わせてサービス利用を組み立てたり、医療を受ける必要があるのにもかかわらず、通院することが困難な利用者に対しては医療と訪問介護を一体化させたサービスを提供するなどして、柔軟な対応をすることを目標にして作られたサービスです。
 複合型のサービスができたことで、今までは異なる事業所からそれぞれにサービスを受けていたことから解放され、利用者がサービスを使いやすくなります。
 今回の改正が後押しとなり、様々なサービスの利便性がより高くなると考えられます。それと同時に、介護サービスを利用している高齢者が、看護のサービスも必要に応じて利用することのできる体制を整えることで、医療サービスとスムーズに連携を図ることができるようになりました。
 利用者側の理解も得られてきており、サービスを利用する人も徐々に増加していますが、今以上にこの複合型サービスが普及されることが期待されます。ただし、その分、事業所にかかる負担は今までよりも大きくなり、採算も取りにくくなっているのが現状なので、全国的に見てもこのサービスに対して柔軟に対応できている事業所はまだまだ多くはありません。ですから、今後このようなサービスを提供できる事業所がより多く誕生していくことが期待されています。

このページの先頭へ

トラブルに注意