定期巡回・随時対応型訪問介護看護

 今回の介護保険の改正において、1日に24時間、昼夜問わず複数回の定期訪問と必要に応じて対応するサービスが新設されました。介護と看護が協力し、連携を取りながら利用者に対してサービスを提供していきます。このサービスは、要介護度が中・重度である利用者が在宅介護を続けながら生活を続けていくことができるようにすることを目的に制定されたものです。

各種サービスの内容について
1.定期巡回サービスについて
 訪問介護を行うホームヘルパーが利用者の住居を定期的に周り、日常生活に必要なサポートを行います。

2.随時対応サービスについて
 利用者の心身の状態や利用者がいる環境をあらかじめ把握しておき、利用者や利用者の家族から連絡を受けて、受けた連絡を元にして相談に乗ったり、訪問介護員が随時訪問したり、もしくは看護師が対応すべきかどうかの判断を行うサービスです。

3.随時訪問サービスについて
 随時訪問サービスで、その都度訪問する必要があるかどうかを判断し、必要に応じて訪問介護員が利用者の住居を訪れ、日常生活のサポートを行います。

4.訪問看護サービスについて
 利用者の住居を看護師が訪問して、療養上の世話をしたり、必要な診療の補佐を行います。
事業形態について
1.一体型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業について
 上記の1~4のサービスの内のひとつを事業者が行います。

2.連携型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業
 上記の1~3のサービスを行っている事業者および4のサービスを行っている事業者が協力してサービスを行います。
定期巡回・随時対応型訪問介護看護の利用料について
 一体型でサービスが提供される場合と、連携型でサービスが提供される場合の利用料は違います。利用料は月額で決まっており、利用回数の制限はありません。
 また、これらのサービスを利用している人がショートステイやデイサービスも一緒に受ける場合には、これらのサービスにかかる基本料金が安くなります。組み合わせるサービスが通所系であれば、1日にかかる利用料の3分の2程度が、ショートステイの場合には、1日にかかる利用料分相当が減らされます。ですから、サービスを3日間使えば、2日分のみが算定され、1日分は無料になります。
定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスを受ける時の注意点
 早朝や夜間にホームヘルパーが自宅を訪問する訪問介護サービスは、現在のところ、それほど利用されているわけではありません。通常より費用が高くなりますし、おむつの性質が近年良くなっているので、わざわざ夜間におむつを換える必要が減っていることに加え、夜、自宅にホームヘルパーを招き入れることへの不安感も付きまとっているというのも理由の1つとして考えられています。
 しかし、今後は今よりもさらに高齢化が進むと予想されており、そうなれば一人暮らしの高齢者が増加したり、高齢者夫婦だけで生活する家もどんどん増えて行くでしょう。そんな中でも安心して生活をすることができるように、夜間サービスを今の内から上手に取り入れる方法を考えるべきです。そのためにはまず、自分の住んでいる地域内ではこのサービスを受けられるかどうかを確認すべきでしょう。

 定期巡回・随時対応型訪問介護看護には、「一体型」と「連携型」の2種類のサービスがあります。一体型というのは、訪問介護と訪問看護のサービスを行う提供者が同一の事業者である場合です。連携型というのは、訪問介護と訪問看護のサービスを提供する事業者が異なる場合の事を言います。
 一体型のサービスを受ける場合の介護報酬については、そのサービス提供者が提供している訪問介護および訪問看護の両方のサービスを受ける場合の料金と、訪問看護のサービスだけを受ける場合の2種類の報酬設定があります。
 それに対して、連携型のサービスを受ける場合には、事業者が異なるために、訪問介護の利用料および訪問看護の利用料は当然ながら別々に設定されています。両方のサービスを受けた場合には、両方のサービスの利用料を合計した額を支払う必要があります。連携型のサービスは一体型のサービスを受ける時よりも若干利用料が高くなっています。

このページの先頭へ

トラブルに注意