短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護

 短期入所療養介護というのは、療養型病床や介護老人保健施設、診療所といった医療系介護施設でショートステイすることのできるサービスのことを言います。医学的なサポート体制のもと、介護や看護、リハビリテーションに関する専門職員がサービスの利用者の日常生活を支援してくれます。
 入所している間にも、リハビリテーションのサービスを受けることができますので、利用者の体の機能が衰えてしまうことを防ぐこともできます。利用者各々が持ち合わせている能力に合わせてケアをしてくれ、日常生活がより充実したものになるようにサポートすることを目標としているサービスの提供機関もたくさんあるようです。
 また、短期入所生活介護と同様で、療養生活の内容を充実させることや、介護者である家族の精神的な負担や体力面での負担を軽減することを目標としています。介護報酬に関しては、サービスが提供される期間ごとに細分化されています。サービスを利用する際には、必ずサービスの提供期間に確認を取るようにしてください。
 なお、老人保健施設は(Ⅰ)、(Ⅱ)、(Ⅲ)というようにカテゴリー分けされています。それは、病院や診療所、介護老人保健施設との併設診療所・病院、夜勤を行っている看護師の数などによって分けられています。しかし、非常に複雑ですので、利用者は即時に判断することは困難でしょう。ですから、利用を考えている段階でケアマネジャーに相談し、気になる施設がどのカテゴリーに当てはまるのか、その施設の利用料がいくらになるのかについて教えてもらうようにしましょう。

このページの先頭へ

トラブルに注意