介護予防通所リハビリテーション

 施設に足を運んで受けることのできるリハビリテーションのサービスには、要支援1・2の介護レベルの高齢者が利用することのできる介護予防通所リハビリテーションというものがあります。この介護予防通所リハビリテーションサービスを高齢者が上手く利用することで、高齢者の現在持っている身体機能をこれ以上低下させてしまうことなく、筋肉を少しでも強化することができるために、積極的に利用している高齢者や利用する事を検討している高齢者は近年ますます増加しているようです。
 介護予防通所リハビリテーションというのは、しっかりとリハビリテーションについて実績のある事業者が提供しているために、非常に安心して受ける事ができると言われています。身体機能が衰えて介護の程度が悪化してしまうことを未然に防ぐことを考えても非常に有益ですし、安心して受けられる機関のサービスを受けることができるので非常に人気のあるサービスであると言っても良いでしょう。介護予防通所介護と同様に、介護予防通所リハビリテーションに関しても、「共通的サービス」と「選択的サービス」という運動器機能向上を目的としたサービスがあります。

介護予防通所リハビリテーションのサービス料金

 介護予防通所リハビリテーションにかかるサービス料金については月額が決まっており、定額制になっています。共通的サービスの利用料金に関しては、要支援1の人の場合と要支援2の人の場合の2パターンに分けて設定されています。選択的サービスに関しては、サービスの内容ごとに加算額が定められています。
 ちなみに、介護予防通所サービスを受ける際にも通所介護同様に昼食の代金とオムツの費用などは別途必要となりますので、注意が必要です

介護予防通所リハビリテーションに関する介護報酬について

共通的サービスの場合
介護予防通所リハビリテーション
 (要支援1の場合)2,496単位→2,412単位/月
 (要支援2の場合)4,880単位→4,828単位/月
選択的サービスの場合
1.運動器機能向上加算の場合・・・225単位/月
2.栄養改善加算の場合・・・150単位/月
3.口腔機能向上加算の場合・・・150単位/月

このページの先頭へ

トラブルに注意