地域包括支援センターの任務

 地域包括ケアシステムというのは、在宅で介護をすることが可能な環境を整えたり、高齢者用の住まい環境を整備し、医療を求めている高齢者が重度の要介護状態である人たちが保険サービスや医療サービス、リハビリテーション等を含む福祉サービス、ボランティアなどを関係者同士や地域などが連携・協力することで生活を続けて行く事のできる仕組みのことを言います。そのためには、その地域に存在する医療や保険、介護、福祉に関する関係者たちが連携してサービスをし、必要な施設が整えられる必要があります。そして、このようなサービスや社会資源を最大限に活用するために地域包括支援センターの存在が期待されています。
 地域包括支援センターというのは、介護保険外であるサービスも含んだ要介護者や高齢者、そしてその家族への支援をする専門機関です。そして、介護を予防するためのマネジメントや、介護のサービスの利用、高齢者に対する虐待の防止、日常生活に関するサポートまで、何でも相談できるような場所という位置付けであり、支援を提供していく機関です。さらに、地域に存在しているケアマネジャーのこともサポートします。地域包括支援センターが上手く取りまとめることができ、その地域に適した取り組みを動かすことができれば、地域包括ケアシステムの機能が現実的になってきます。
 現在における地域包括支援センターは、介護予防ケアマネジメントの業務ばかりに追われてしまっており、地域サービスに関する取りまとめにまでなかなか手がつけられていないのが現状です。ですから、介護予防ケアマネジメントに関する割り当てを減少させ、地域包括支援センターの機能を増強していくことが必要だと、今回行われた介護保険制度改正に関する議論の中でも言われています。

介護予防ケアマネジメントに関する再考

 地域包括ケアシステムを推進するためには、あらゆるサービスを取りまとめる能力が求められます。その取りまとめを行う人材に当たるのが、ケアマネジャーであり、彼ら自身の能力の向上も課題の1つとして挙げられています。それと同時に、サービスを受ける側からしたら、理想的なケアマネジャーと出逢う事こそが大きな決め手になるということは間違いないでしょう。サービスの利用者は、ケアマネジャーに自分の希望を伝えて、それに対して真剣に向き合ってくれる人を求めています。
 ケアマネジャーは、多角化しているサービスを細かく理解する必要がありますし、利用者に対して有利な条件を引き出す力が求められます。彼らの持つ能力によって、利用者の暮らしが良くなるか悪くなるか左右されることになるからです。

ケアプランとケアマネジャーのレベルの向上

 ケアマネジャーには、次のようなことが求められています。サービスの利用者の方は、担当のケアマネジャーが次の項目を満たしているかどうかを判断してみてください。

  1. 介護の程度の重い介護者に対して、適切な医療サービスを提供することができる。介護と在宅医療の連携を取りまとめる能力がある
  2. 機能向上型や自立促進型といったケアプランを実行できる。リハビリテーションをするプランを入れ、サービスを受ける人の運動機能が衰えないように維持、向上させることができる
  3. ケアマネジャーの研修やカリキュラムの再考、資格のあり方の見直し、ケアプランを標準化させることについては検討が必要。介護施設や事業者がケアプランに対する適応能力を向上させると同時に、ケアマネジャーの能力も高める必要がある

このページの先頭へ

トラブルに注意