介護報酬の請求事務イメージ画像

介護報酬の請求事務サポートサイトについて

介護報酬の請求事務サポートサイトでは、介護保険のサービス内容や利用料金などについて詳しく解説しています。2000年に始まった介護保険ですが、まずは高齢者を受け入れる施設整備に重点が置かれた点数の配置でした。

2012年に介護保険制度と介護報酬が同時に改正されるという大きな年を迎え、介護報酬の請求事務に関わる人たちにとってはアタフタとした面もあったと思います。

介護報酬全体では1.2%アップとうたわれていますが、介護職員処遇改善費が介護報酬に盛り込まれたことによって、介護保険施設自体の収入としてはマイナスになってしまうでしょう。

しかし、職員の処遇の改善は介護社会の中でも重要だと思われます。

2012年4月に改正された介護保険制度では、地域包括ケアを進めることをポイントとし、施設での介護から在宅での介護へと変えて行こうという流れが理解できるものと考えられます。
新しくなった介護保険は、今介護サービスを在宅で受けている高齢者が、いずれ求める介護の程度が重度になってしまった場合でも変わらずにずっと在宅介護を受け続けることができるように利便性を向上させる工夫がされています。

また、高齢者用の施設だけでなく、高齢者用の住居の整備に力を注いでいくことが決定しました。
高齢者用の住居を整えることで、地域包括ケアを推進することが現実的に可能になりますので今後早急に整備されることが求められています。

平成25年4月より、これまでのホームヘルパー2級が廃止となり、ホームヘルパー2級講座が介護職員初任者研修へと移行になりました。

介護保険法の改正されたポイントについて

高齢者の皆さんが、慣れ親しんだ地域において暮らし続けることができるようにするために、ケアマネージャーは、地域包括ケアシステムという、介護や医療、住まいや予防、生活支援のサービスが継続的にされることを実現するために、次の6つのポイントについて行われます。

①介護と医療との連携を強化する

  • 介護や医療、住まいや予防、生活支援のサービスが手を結んだ介護を必要としている人に向けた包括的なサポートを実践する
  • 各日常生活圏域での地域のニーズや改善すべき点を取り込んだ介護保険の事業計画を設定する
  • 重度の要介護者や、一人暮らしの高齢者に対して、対応するために、24時間対応で定期的に巡回したり、必要に応じて対応できるようなサービスなどを設立する
  • 保険者判断の予防の提供と、生活支援のサービスを実施する
  • 介護療養病床を廃止する期限を6年間延長する
②介護サービスを充実させ、介護人材を増加する
  • 介護福祉士または、決められた教育を受けている介護職員による痰の吸引などの医療行為を行う事を可能にする
  • 介護福祉士の資格の取得の仕方を見直す事を延期する
  • 介護事業所で労働法規を厳守し、労働基準法等の違反者を事業所が指定した欠落要件と取り消し要件に加える
  • 公表前の調査実施の義務付けを廃止し、介護サービスについての情報公開の制度を再考する
③高齢者の住居を整える
  • 有料老人ホームに前払いした料金に対して返還に関する利用者保護規定を加える
  • 特別養護老人ホームの開設を社会医療法人でも行えるようにする
※国土交通省および厚生労働省が連携したサービスが付いている高齢者向けの住まいの支援を促進する

④認知症に関する対策を実行
  • 市民後見人を育て、活用するなど、高齢者の持つ権利を守る
  • 市町村の介護保険事業計画では、おのおのの地域の問題を踏まえた認知症の支援策を入れる
⑤保険者の取り組みを推進する
  • 医療サービスと、介護保険事業計画、住宅に関わる計画の協調を保つ
  • 地域に密着したサービスは公募した後、選考して指定を行う
⑥低所得者に対する保険料の上昇を緩和
  • 各都道府県が保管している財政安定化基金を使い、介護保険料を緩和することに使う
①の5項目目および②の2項目目は公布日が施行日となります。その他に関しては平成24年4月1日施行です。

手荒れ 心理カウンセラー

このページの先頭へ

トラブルに注意